仏書・良書に親しむ
春の新緑読書特集2018

新緑読書特集 掲載広告




『週刊佛教タイムス』2018年5月17日号の新緑の読書特集では、27の仏教書・宗教書やDVDをご紹介しました(各書評は紙面でご覧ください)。

・大竹晋『大乗起信論成立問題の研究』国書刊行会 評者=末木文美士
・赤松徹眞編著『「反省会雑誌」とその周辺』法藏館
・山本義隆『近代日本一五〇年―科学技術総力体制の破綻』岩波書店
・吉田裕『日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実』中央公論社
・井上寿一『戦争調査会―幻の政府文書を読み解く』講談社
・小峯和明・金英順・目黒将史編『奈良絵本 釈迦の本地』勉誠出版
・さいとうじゅん『はしるおじぞうさん』仏教伝道協会
・増記隆介・皿井舞・佐々木守俊『天皇の美術史1 古代国家と仏教美術』吉川弘文館
・山折哲雄『死者と先祖の話』KADOKAWA
・田中利典『よく生き、よく死ぬための仏教入門』扶桑社
・小倉慈司・三上喜孝編『古代日本と朝鮮の石碑文化』朝倉書店
・松長有慶『訳注 般若心経秘鍵』春秋社
・小川一乗監修『シリーズ親鸞(草野顕之『親鸞の伝記』延塚知道『親鸞の説法』安冨信哉『近代日本と親鸞』池田勇諦『親鸞から蓮如へ』本多弘之『現代と親鸞』)』東本願寺出版
・鍵主良敬『近代真宗教学往生論の真髄』方丈堂出版
・エィミー・ツジモト『満州天理村「生琉里」の記憶―天理教と七三一部隊』えにし書房
・高橋典史・白波瀬達也・星野壮編著『現代日本の宗教と多文化共生―移民と地域社会の関係性を探る』明石書店
・今井雅晴『六十三歳の親鸞』自照社出版
・伊藤真宏『法然さま二十三のお歌』浄土宗出版
・鈴木岩弓・磯前順一・佐藤弘夫編著『〈死者/生者〉論―傾聴・鎮魂・翻訳』ぺりかん社
・角田泰隆『道元のことば―正法眼蔵随聞記にきく』NHKエンタープライズ ※DVD

仏教音楽祭 ―流音月聲―

宗派を超えて響き合う祈りの音色

 全日本仏教青年会全国大会のメインイベントであるコンサート「流音月聲」。指が動かなくなる難病「ジストニア」に冒されながらも、奇跡的に回復した数本の指で演奏を続けるピアニストの西川悟平さんが、どんな困難にも打ち勝つ希望を載せ、大祖堂に音色を響かせた。

 西川氏はトークでも盛り上げた。ニューヨークのマンションで2人組の強盗に襲われたが、その強盗の不幸な身の上話を聞くうちに「辛かっただろうね、君をハグしていいかい?」と応じ、そのまま泥棒とお茶を飲んでピアノを聞かせたというエピソードを披露。どんな相手にも善性があり理解し合えるという仏教にもつながる話に聴衆もしみじみと感じ入った。

 第2部は浄土宗大本山増上寺雅楽会による舞楽、真言宗豊山派仏教青年会の「豊山太鼓 千響」、醐山青年連合会の法螺、高野山金剛流御詠歌、天台仏教青年連盟と時宗の声明、そして三重県曹洞宗青年会の和太鼓集団「鼓司」という日本仏教の珠玉の音楽会。さらに友情出演とて俳優・女形の早乙女太一さんが登場し、中井智弥さんの筝、服部博之さん(音楽祭の総監督)の和太鼓に合わせて日本舞踊を披露。日舞のイメージを覆すような激情の美に惜しみない拍手が送られた。