終戦75年企画 お寺の戦伝遺産を歩く

宗教施設が持つ戦争を伝える遺産

 戦争を伝える遺産を有する宗教施設は少なくない。終戦75年企画として弊紙ではそれらを「お寺の戦伝遺産」として紹介する。もともとお寺にあったものや、戦後に持ち込まれた遺産、あるいは怨親平等の追悼碑など形はさまざまである。寺院や宗教施設に関係ある戦伝遺産を掘り起こしながら、戦争とは何か、平和とは何かを考えたい。(詳しい内容はぜひ紙面でご覧ください)

中野区成願寺の防空壕跡


 東京都中野区成願寺「防空壕」跡。写真は防空壕の中ほどにある一室。ここに本尊や寺宝が運ばれ、難を逃れた。(2020年7月23日・30日合併号)


 東京都武蔵村山市禅昌寺「少飛の塔」。少年飛行兵を供養する慰霊塔。毎年11月第2日曜日に慰霊祭が営まれる。(2020年7月23日・30日合併号)


 東京都港区増上寺「阿波丸事件殉難者之碑」。2千人余が乗船していた阿波丸が米国潜水艦に撃沈された阿波丸事件。タイタニック号沈没を上回る海難史上最大の事故とされる。(2020年7月23日・30日合併号)


神奈川県藤沢市龍口寺「陣地跡」。米軍との本土決戦に備えて作られたとみられる。(2020年8月6日号)


 東京都世田谷区立正佼成会世田谷教会「旧東条邸」跡。東條英機首相が自決を図った東條邸は戦後史に刻まれた場所。現在も標柱が残る。(2020年8月6日号)

 神奈川県鎌倉市龍寶寺「特攻碑」。寺院生まれの特攻隊員の辞世の歌が刻まれている。同寺には米兵位牌や戦跡霊石などもあり、寺の歴史、地域の歴史、戦争の歴史を伝えている。(2020年8月20日号)


東京都文京区源覚寺「汎太平洋の鐘」。サイパン島激戦の銃弾跡や傷跡が残る。戦後は米国の所有者の下にあったが、善意により米国本土から日本に戻った。(2020年9月3日号)

 岐阜県北方町西順寺「報国塔」。靖国神社に合祀されない地元傷痍軍人を祀っている。今年5月の塔内調査で「戦傷病死者法号」と記された軸物を発見。第1号は西南戦争の戦死者だった。(2020年9月17日号)