2018 of weekly bukkyo-times website ver 2.3

2016年

2018/1/1 「愛の像」再び東京駅前に 戦犯教誨師・真言宗豊山派僧侶の田嶋隆純が「愛」を揮毫

⑤愛の像東京駅.JPG東京駅前の「愛の像」 東京駅南口(丸の内側)に両手を天に突きだしたブロンズ像「愛(アガペー)の像」が再設置された。台座に刻まれている「愛」の文字は、戦争犯罪人(戦犯)を収容した巣鴨プリズンの教誨師だった真言宗豊山派僧侶で大正大学教授だった田嶋隆純(1892―1957)が揮毫。東京駅周辺の再開発のため10年余り、別の場所で保管されていた。昨年11月末に設置され、12月7日の駅前整備完了後から注目されるようになった。

 愛の像は反戦と平和のシンボル。恒久平和を願ってのものだが、一時は再設置が危ぶまれていた。そのため田嶋が住持していた正真寺(江戸川区)や巣鴨プリズン元刑務官らが署名活動を行い、平成21年(2009)12月、都知事・JR東日本社長・東京駅駅長3者に提出。そうした活動が功を奏したのかは定かではないが、事業完了後は再び設置することが決まった。

 BC級戦犯には、上官の命令に従ったという人や、無実のまま絞首台に赴いた人が少なくなかった。そうした状況に直面した田嶋教誨師は異例の助命嘆願運動に奔走した。そうした活動が戦犯から信頼を集め、“巣鴨の父”と慕われた。

①愛の像台座.JPG愛の像の台座に刻まれている「愛」は田嶋教誨師が揮毫 巣鴨だけではなく、世界各地で刑死した戦犯の遺書を集め昭和28年(1953)、巣鴨遺書編纂会編『世紀の遺書』(講談社)が刊行され、田嶋は序文を執筆した。その印税や同著を読んだ篤志家の中村勝五郎さん(故人)などの協力によって愛の像が製作(作者は彫刻家の横江嘉純)され、昭和30年(1955)に除幕。ギリシャ語で愛を表すアガペーの文字は中村さんの母親が記した。

 愛の像は再び姿を現したものの、説明文などはない。そのためほとんどの人は素通り状態だ。東京駅の担当者は、説明文などを設置する予定はないと話した。また、再設置にあたり、セレモニーはなされていない。

 NHKの放映で設置を知った田嶋の長女、田嶋澄子さん(77)は急いで出かけ、タクシー車中から拝した。「全体をみてホッとしました。世界の恒久平和を願う像が戻って来て本当に良かった。東京駅から多くの若者が戦場に行きました。そうした時代が来ないことを願っています」と話した。